絵で見るインターネット komakusaはインターネットの仕組みを絵で伝えるためのサイトです

                    絵で見るインターネット        お問合せ             Profile              リ ン ク

動作が遅い、おかしいとき

CドライブにWindowsXPがインストールされていると想定しています。

ハードディスクの空き容量が不足していませんか?
ドライブの空き容量は最低でも1GB〜2GB、Windowsでデフラグをするならドライブの容量の15%以上が必要です。
  【空き容量を調べる方法】
      → マイコンピュータのCドライブの上で右クリック→プロパティ
 
ハードディスクの空き容量を増やし、Windowsを安定して動作をさせるためにすること
 
  1. 不要なアプリケーションを削除する
          → スタート/コントロールパネル/プログラムの追加と削除
     
  2. 不要なデータを削除する(一時的に保存した音楽やビデオファイルはありませんか?)
          → マイコンピュータからフォルダを開いて削除する
     
  3. 不要なシステムファイルを削除する 
          → スタートボタン/すべてのプログラム/アクセサリ/システムツール
            /ディスククリーンアップ
    を実行する
     
  4. ディスクトップにあるリンクの切れたショートカットアイコンを削除する
     
  5. ディスクトップの壁紙を非表示にする
        (ディスクトップを表示するたびにアクセスしているため時間がかかる)
     
  6. ディスクのファイルのエラーを修正する
         → マイ コンピュータを開き、確認するローカル ディスクを選択します。
        →[ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。
        → [ツール] タブでエラー チェックの [チェックする] をクリックします。
        →[チェック ディスクのオプション] のチェック ボックスを全てオンにします。
        →「開始」ボタン
     
  7. ハードディスクの整理整頓
          → スタートボタン/すべてのプログラム/アクセサリ/
            システムツール/ディスクデフラグ


    【注意1】 この作業を行う前に重要なデータのバックアップをとってください。
    【注意2】ハードディスクの空き容量が15%程度のときにこの処理を行うと時間ばかりがかかって、
          効果があまり望めません。Windows付属のツールより市販のデフラグツールのほうが効果が
          顕著です。
CM

分からない用語は下記から、参考書は右のボックスから検索してください。
用語を検索するときは『○○とは』 のように『とは』を入れて検索してください。

前へ   目次へ   次へ