絵で見るインターネット komakusaはインターネットの仕組みを絵で伝えるためのサイトです

                    絵で見るインターネット        お問合せ             Profile              リ ン ク

パソコンの構成要素

パソコンの構成図
パソコンの構成要素 図
パソコンの動作
パソコンは、CPUが与えられたプログラムを忠実に実行することで仕事をしています。
パソコンのプログラムは音楽会や運動会のプログラムと同じで、実行すべき手順を記述したものです。
CPUがこのプログラムを順番に解析してパソコンの各装置に命令を出します。
各装置がそれぞれの仕事をすることでパソコンが動きます。

  • CPU・・・パソコンを制御し、計算をします
  • メモリ・・・プログラムとデータの一時記憶場所
  • キーボード、マウス・・・パソコンに仕事の指示を出し、必要なデータを与えます
  • ディスプレイ・・・メモリの内容を写し出します
  • プリンタ、スピーカ・・・ 処理結果を人間の識別できる形で出力します
  • ハードディスク、CD、DVD、USBフラッシュメモリ・・・ 処理結果やデータを保存します
  • モデム、TA・・・外部とのデータのやり取り

お勧めの本
見てわかるパソコン解体新書〈Vol.5〉

Q&A
Q.CPUとメモリの違いは何ですか?

A.どちらもパソコンの中枢にある装置ですが、CPUは制御装置、メモリは主記憶装置です。
パソコンは、メモリ上に記憶したプログラムのひとつひとつの命令を、CPUが順次読み出して実行することで動きます。 主記憶装置に対して外部記憶装置と呼ばれるハードディスクやCD、DVD、フラッシュメモリなどがあります。
CM

分からない用語は下記から、参考書は右のボックスから検索してください。
用語を検索するときは『○○とは』 のように『とは』を入れて検索してください。

前へ   目次へ   次へ